iPhoneアプリのUIデザインで失敗したくないなら参考にすべき書籍

売れているiPhoneアプリを観察して、UIデザインを参考にしようと思っても、そこに一体どういう目論みがあって、そのようなレイアウトになっているのか、わからない場合が多いと思います。

iPhoneはPCやタブレットとは違い、「片手で持つもの」で、しかも「親指で操作する」ことが前提になっています。

そういったデバイスはPCやタブレットなどとはレイアウトの考え方が根本的に違います。

本書は、iPhoneアプリのUIデザインのみに特化した参考書籍です。

ツールバーに何個ボタンを配置するのが最も適当か、そのボタンの下に敷くバーの幅は何ピクセルが適当か、など当たり前なのに注意してないと見落としがちなUIの基礎的なデザインを知ることができます。

そして、16:9になる前のiPhone画面の比率がどれほど計算され尽くしていたか驚くことになると思います。

2013-02  | 2013-05  | 2013-07  | 2016-02