WKWebViewでの環境構築がついに発表される

先日書いたRPGツクールMVをWKWebViewで動かすための環境構築手順が以下でも詳しく書かれています。

参考: [RPGツクールMV] iOSアプリ化のためのWKWebView構築手順

実は、まともに動作するRPGツクールMVのiPhoneアプリが作れなかった時、バックグラウンドからの復活でアプリが異常に重くなる現象を修正されたということで、どうやったのか知りたくて何度も訪れたサイト様です。

この構築手順が一週間前に発表されていたらあの地獄の情報収集期間がなかったはずなので、個人的には助かったのになあ、と思う反面、自分で答えを導き出せたので、その分、成長したと考えて今後に活かしていきたいと思います。

ちなみに、[Error Your browser does not allow to read local files.] というエラーは

cordova plugin add https://github.com/apache/cordova-plugins.git#master:wkwebview-engine-localhost

というコマンドで回避でき、iOSの環境も最新のもので通ります。

しかし、このプラグイン(apache製)ではlocalhostファイルがゲームを立ち上げるたび、毎回作られてしまい、古いlocalhostファイルを読みにいけなくなってしまうため、コンティニューができなくなってしまいます。そのため、localhostファイルが固定されて作られるtelerikのWKWebViewで動かす以外方法がないということで、図らずも同じ環境をセットアップしていたようです。

もしapache側のプラグインでもlocalhostが固定できるようなら、最新の環境で動かせるので、安定感がありそうですが、知識と技術がなさすぎてそろそろ力つきそうなので、今の状況でなんとかリリースまで持っていきたいと思っています。

※追記 ということで調べた結果、config.xmlのcontentを以下のようにすることでlocalhostを固定することに成功しました。結果的に実に簡単な話でしたが、これで最新のwkwebviewで動かすことが可能になりました。iOSを8にする必要もありません。

<content src="http://localhost:1234" />

太字の「1234」部分は0以外で、四桁の適当な数字でOKっぽいです(四桁じゃなくてもいいかもしれませんが調べてないのでとりあえず)。最初8080としてましたが、あまり関係ないみたいです。

2013-02  | 2013-05  | 2013-07  | 2016-02